久々に店舗に出勤して思ったこと。

なんか、久しく自分の店に出勤してなかったので、ちょうど久しぶり感がありました。

さて、そろそろ月末が近づくにつれて、上長の指示が迷走を始めたので、やれやれだぜ。って思ってる今日この頃。

どうして、こうも客単価を取ることに必死なのかが分からん。
なんで客数を増やすことに舵を切らないのかが全くもって分からん。

ただ、粗利を削ってお客さんに一方的な契約を迫っていくのかが分からん。

それって長い目で見たときに客数落とすだけやで。
客単価よりも客数を見なきゃ意味がない。

1人のから1万円を取ることに必死になりすぎて、
5人から2000円を取ることに気が回らず、結果がその場しのぎの数字でしかない。

そして、毎日の数字に一喜一憂して、なんのためにもならない明日取り返します。みたいな報告して。

なんかもう、意識レベルでおかしい。
正直その辺も含めて上が叱責するんじゃなくて、
上層部が末端までそういう意識を変えようって気がない時点で破綻してるのですよ。

だから取れるべき数字もろくに取れず、とりあえず怒られて、
モチベーション下がってそりゃ辞めていくわ。

個人的にはそういう意識改革して行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です