XPS13インチハイエンドモデルを試す(10日目)

ご無沙汰しています。相原一希です。

 

今日で10日目。

仕事でも普通に活躍してくれていて、デスクトップの業務用PCを使っていないというオチ。

 

だって、フリーズするんだもの。

 

そんな状態なので、資料作成にはがっつり、XPSを使っています。

使っていて思ったのはバッテリーの持ちが異常に良い事。

 

普通に8時間資料作るのに電源レスで使っていても、持ちました。

 

おそらく電源レスでも1日くらいは過ごせるんじゃないかと思います。

あとは充電器がスマートなのですごく持ち運びしやすいです。

 

Macbook Proのボテッとした充電器を見るとすごくスマートに見えます。

 

そう言う部分もひっくるめて、総合的な出来はすごくいいパソコンに仕上がってるなぁと思います。

 

あとはミドルクラスのPCをどのくらいこの水準に近づけられるか。

これがキーポイントになりそうな気がします。

 

おそらくXPSのシリーズならSSDがどのモデルにも付いているので、

スピード面を気にすることはおそらく無いんじゃないかと思います。

 

あとは、モデルをゲーミングモデルのように、ビジネスシーンとがっつりクリエイター仕様の2択で切り分けた方がいいと思う。

 

というのも、PC買う人って、安いモデルでいいや、ってなる人が多いと思うんですが、

買ってからそう言う人って後悔するパターンがデフォルトのような気がするんです。

 

なので、色々スペックをカスタマイズ出来るのもいいとは思いますが、

XPSについてはあえて削る。

 

選んだとしても3つくらいの選択肢で差別化する方がいいと思います。

 

以下相原一希の妄想マーケティング(笑)

実在しないので要注意!(爆

 

XPS13 ビジネスエントリーモデル

Intel Core i5 7200U

8GB RAM

256GBSSD

Office Premium

 

XPS13 ビジネスハイエンド

Intel Core i7 7560U

16GB RAM

512GB SSD

Office Premium

 

XPS13 ゲーミングクリエイターモデル

Core i7 7700HQ

16GB RAM

512SSD

GeForce GTX1070

Office Premium

 

こんな感じにしてしまったほうが絶対DELLとしても他のモデル(Inspironとか)と差別化できて絶対いいと思うんですよ。

Inspironゲーミングモデルではゲーミング性能を推してますが、Inspironは全体的に、仕上がりが雑。

 

Core i3を1TB HDDをノートPCに突っ込んで一体何を狙っているのかと思ってしまう。

だったら、Core i3に128GB SSDで体感速度くらい上げてくれよ。って思っちゃう。

 

ハードディスクの読み書きの遅さが際立ってしまう。

Core i3モデルだと余計にそれが足を引っ張って全体的に安かろう悪かろうになってしまってるので、残念。

 

Office だけだったら4GBのRAMで十分とか思ってる人多いと思うけど、

Office以外にバックグラウンドでソフト動いてるんで4GBでいいっていう時代は終わりました。

 

InspironにSSD積んでくれるなら4GBRAMでもいいかも知れないけど、

HDDなら絶対に最低8GBは必要。

 

以下にハードディスクからの読み書きの時間を減らせるかで体感速度めちゃくちゃ変わるから!

 

なので、Inspironは(ローエンド~ミドルロー)

XPSは(ミドルハイ~ハイエンド)

棲み分けをきっちりとしないと、デルのPCすぐ壊れるし遅いし、嫌い。

この負のスパイラルに陥ってるユーザーめっちゃいると思います。

 

僕も正直DELL=すぐ壊れるし、遅い。

 

こういうイメージで育ってきてますけど、XPSを使うようになってから、

なんだちゃんとものづくりできんじゃん!って感覚になりました。

 

デルのイメージがかなり良くなった。

でもこれはハイエンドだからの話。

 

これがビジネスユースだったら・・・。

間違いなく稟議降りないよね。

 

だったら、稟議が下りる価格帯でどうやって勝負するのか。

SurfaceやMacbook Proに吸われたユーザをどうやって巻き取るか。

 

ここを考えないと絶対にブランドイメージは良くならない。

 

先入観をぶち破るくらいの勢いである程度の割り切りは必要な気がする。

 

あとは手間がかかってコストがかかるなら、カスタマイズできる領域はある程度減らしたほうがいいと思う。

 

RAMとか最近スロットに刺す時代じゃなくなったので、はじめからある程度のRAMを搭載して増設を考えなくてもいいようにしておけばあとは、CPUを強化するのか、ストレージを増やすかっていうところくらいが弄れれば十分。

 

Core i3でも十分な性能が引き出せるなら、ストレージとRAMは最低限だけではなくて、必要十分はじめから積んでおく。

 

これが一番DELLとして成功する道だと僕は信じてます。

 

 

いろいろ書いたけど、やっぱりXPSで寝っ転がりながらブログかけるとかサイコー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です