XPS13 ハイエンドモデルを試す(あと18日)

どーも。皆様こんばんは。

相原一希です。

 

あと18日となりましたが、XPS大活躍でございます。

XPSがなくなったあとどうしようかと考えてます。

 

正直、ハイエンドのノートを体感したあとだと多分エントリークラスから、ミドルクラスのノートは絶対に使えないと思うので、買うとしたらハイエンドモデルになると思うんですが、

 

デスクトップのPCは今絶賛解体中なので、ゲーミングノート買う羽目になるんだと思うんですね。

 

http://kakaku.com/item/K0001013588/

 

今見た中では一番これが良さげ。

でも30万。

 

考えものですよね。

だから、いろいろ兼ねると大変なことになるので、ある程度の棲み分けも大事だなって。

 

その点XPSはちょうどいい感じ。

かゆいところに手がとどくというか。

 

ゲームするマシンではないけど、持ち運びできるDTMワークステーションと割り切ればすごくいい感じ。

Macbook Proは持ち運ぶときに細心の注意を払わないと持ち運べない。

 

そして、Macの唯一嫌いなところは前にも書いたけど、スペックそんなに良くない。

すぐオーバーロードするし。

 

なので、そういった意味ではXPS13ハイエンドのほうが絶対DTM向きだと思う。

 

MacBook Proを同じスペックまで強化するとおそらく、XPS13インチなら1.5台分くらいにはなる。

そういう意味では絶対にXPS13インチに軍配が上がっちゃう。

 

Retinaももちろんきれいです。

 

 

 

Core i5 16GBRAM、512GBSSD で29万。

 
だったらXPS買っちゃうよね。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dell XPS 13 ノートパソコン プラチナハイエンド・QHD+タッチパネル
価格:245138円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)

 

 

5万の価格差だったら、絶対XPS。

それにオフィスつけたら普通に28万あればオフィススイートにはなるよね。

 

迷う。けど今回のデルアンバサダープログラムは絶対にいい機会だった。

デルが嫌いだったけど、正直デルなんて。って思ってたけど、

いいもの作れるじゃん。っていう。

 

多分俺みたいなアンチDELLな人はミドルからローエンドのPCしか触ったことないから、アンチなんだと思う。

ハイエンドなら間違いないね。

 

それはメーカー問わずそうだけど。

 

車でもそうだよね。

 

僕がほしい、スバルのBRZでも GTグレードはやっぱりいい装備だし、ブレーキとかもブレンボとかいいのついてるし。

高いだけある。

 

Sグレードは1ランク落ちるから、ブレーキも純正のブレーキ。

ダンパーも純正のサスだし。

 

そういうものかも知れない。

 

安物買いの銭失いっていうけど、やっぱりそういうものなのかもね。

特に家電は。

 

高いから壊れないってわけではないけど、あとから手を加えて改造が効かないものはハイエンドに限る。

 

このデルアンバサダー・プログラムで改めて実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください