XPS13 ハイエンドモデルを試す(あと11日)

どうもこんにちは。相原一希です。

 

さて、しばらく間が空いてしまいましたが、

デルアンバサダー生活も残すところあと11日となりました。

 

私は相変わらず、出先でラジオの原稿書いたり、

ホームページ更新したりなどなど。

 

今までiPadでできなかったこと、不便に感じていたことをまるっと、

解決してくれたこのXPSに感謝しつつ、文をしたためております。

 

DELL製品なんて所詮・・・。っていう層だったんですが、

ここへ来て、考えが変わりました。

ハイエンドモデルはしっかりと作り込まれてるなぁ。と

改めて感じます。

 

特に、4K解像度のディスプレイが描き出す鮮明な画像。

動画を見ていてもストレスなく、再生する応答速度。

 

そして、何よりもデスクトップPCを淘汰してしまうような処理スペックの高さ。

 

ハイエンドモデルならではの快感を感じております。

 

実際にPSO2をやってみましたが、正直SSDとCore i7の組み合わせの恩恵をフルに受けることができ、

サクサク動いてくれました。

 

これが本当にオンボードのグラボなのか?と思うくらいスペックが高い。

 

DTMで使うことも試しましたが、応答性抜群です。

もうMacBook Proに憧れを抱いている人。

絶対XPSが勝ちです。

 

これはスペックだけじゃなく、

作り込まれた品質や、デスクトップのWindowsにしかできなかったことが、

軽量のノートで実現できてしまう嬉しさ。

 

総合的に見てMacBook Proは敵ではありません。

 

圧倒的に勝ちます。

 

Macの操作性が好きなんだよね。って言ってる人。

絶対に一度でいいから触ってください。XPS。

 

考え方が変わるくらい革新的なPCに仕上がってます。

 

実際に同じくらいのスペックで用意しようと思うと、おそらく30万は余裕でかかると思いますが、

それを20万円台で実現しているこのコストパフォマンスの高さ。

 

短く見積もっても4,5年は使えます。

 

それくらいいい品物です。

 

私はよくMacbook Proを比較対象に出しますが、

Logic Pro XがあるからMacを使っているようなものの、

Cubaseが使いこなせるのなら、間違いなくこのXPSを買ってます。

 

 

それくらい精度の高い品質である。

と思います。

 

できることならこのままずっとデルアンバサダーで居続けて使い続けたいです。

 

それくらい生活の一部になってしまっています。

完全に依存してますが。

 

でもPCってそういうものだと思うんですよね。

スマホがなかったら困るじゃないですか?

それと同じくらいこのXPSがなくなったら困ります。

 

なんつったって、職場のPCはローエンドモデルだし、

Macbook Proとは言えどもLogic Pro Xがフリーズしまくるくらい低スペックだし。

 

そんなわけで、デルアンバサダー正解です!

 

皆様も是非ツイッターで応募してみてください。

アンチDELLだった私がここまで言うくらいいい感じに仕上がってます。

 

でもお高いんでしょう?って思うかも知れませんが、

XPSはハイエンドでも23万くらいなので、

Macbook Pro買うくらいなら、絶対こっちです。

 

Macbookでも困らないよ。

でもWindowsが圧倒的多数を占めているこの日本という国で互換品のOfficeにWindowsとの親和性を求めたらダメです。

 

だって、互換品でしかないから。

 

Macでエクセル出来ますか?とか愚問です。

できるけど、互換品だよ?っていう話。

 

質感が好き。そういう意見もありますが、

最近のMacBook Proに質感を感じるなら、Microsoft Surfaceのほうがよっぽど質感にこだわってる気がします。

 

DELLアンバサダーでSurface勧めんなよって思いますが(笑

 

そんなわけで(どういうわけ?

皆さんDELLアンバサダーになりましょう。

 

広告塔になってぜひブランドのマイナスイメージの払拭をお手伝いしてください。

 

なんかDELLの社員様のようなこと言ってますが、

それくらい広めてほしい。

 

切に願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.