DTMを始めたい人。

僕がDTMを始めたのは中学の音楽の授業がきっかけでした。
その頃はCakewalk Home Studioという、今となっては化石のようなツールを使って打ち込みをしていました。

始めた頃は他の人が作ったMIDIが自分の音源で鳴ってる事が感動でした。

まだWindows 98とかの世界だったけど、感激でした。
それからざっと10年たった今ではソフト音源でも十分なクオリティで再生ができ、オーディオを扱えて、
挙げ句動画まで扱えるようなソフトウェアに進化してきています。

今DTM始めたいという人。割と真面目に活動したいって本気で考えてる人が居ればですが、
Cubase8をお勧めしておきます。

3万円ほどですが、これに慣れておけばすごく楽です。
今は譜面が読めなくてもコード進行とかを意識せずとも自動で判断して最適な演奏をサポートしてくれます。

スペックの高いマシンじゃないと動かないんじゃないの?
という方もいらっしゃると思いますが、今市販されているノートPCでメモリが4ギガ積んであるくらいなら正直言って動きます。

もちろんスペックが高いに越したことはありませんが。
それはどのツールでも同じです。

ちなみに苦肉の策でサブPCにインストールしてみましたが、快適とは言えないまでも動作はしました。

しかし、Windows XP世代のマシンなのでやっぱり重い処理をすると耐えられません。
しかもメモリが2ギガしかないので。。

今の市販PCの最低限のスペックでも推奨環境 クリアできると思いますので、
自分で作曲してみたい、ってひとはCubaseから入ることをお勧めします。

PCを買うところから始めたいし、予算はいくらでもって人はスペックの高いPCを買ってください。
高いPCは投資しても長く使えるし、年数が経過してもある程度快適に使えます。

ちなみに僕は、Cakewalk社のツールを何年も使ってきたので、
Cubaseに乗り換えて操作性など困惑しています。

もっと早く投資しとけば。。。と悔やまれます。
週末DTMerが増えることを祈って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です