地震がありました。

今日は、朝から震度6弱の地震が目覚ましとなりました。

 

ベッドで寝てましたが、体が一瞬宙に浮きました。

改めて、地震ってすげえなぁ、と恐怖とともに、日ごろの防災意識の無さを実感しました。

 

まあ、当然のことながら電車も全部ストップするし、駅は大混乱。

会社には、今日は出社ムリポって連絡して、

そこから家路につきました。

結局17時頃には阪急宝塚線は運転再開したけど、

それから出社しても打刻打ってじゃあ、帰ります!って流れだけだし、

出社してもなぁ。っていうのが正直なとこだったので、あきらめて休みにしました!

 

 

帰ってからはずっと情報収集と、ちょっと時間があったので、起業の資料作ったりしておりましたが、

改めて働き方を変えたほうがいいんじゃないかなって思いました。

 

オフィスに集まって作業をすることにあまり意味を見いだせないというか。

しかもね。うちの会社BCPがないんです。

 

だから、災害が起きた時の対策とか全くなくて、

LINEとかで被災状況の確認をするという超アナログな感じ。

 

なんかこういう時に出るよね。会社の災害対応のずさんさ。

数百人の従業員を抱えている会社とは思えないくらいアナログ。

 

まあ、あんまり上場する気もないみたいだし、別にいいんだけどね。

 

とりあえず、ベースアップしてほしい。

手取りで500万くらいは最低でも欲しいかな。

 

というのも、奨学金が超重荷。

あと250万くらい奨学金が残ってるので、月収30万は最低ラインとしてほしい。

じゃないととてもじゃないけど、貯金なんてできないよね。

浪費してるわけじゃないけど、必要最低限の生活すらできてないような気がする。

 

ボーナスもそんな出てるわけじゃないから。

 

そもそも起業するにしても年収ベースで給与決めてもらわないと、

月いくらあったらいいでしょ?みたいな給与の決め方はラダーがどうだとかそういうレベルで、

後々になって問題になってくるからね。

 

でも月収25万って書かれるのと、年収320万って書かれるのだと、

ボーナス入れて同じ額だけど、25万のほうが、もらってるような錯覚に陥るから数字って怖いよね。

 

とりあえず、こういう災害の時に何か壊れて買い替えなきゃって時に、

貯金から毎回崩して使うっていう生活なんで、

今月余裕あるから掃除機買い替えるか!とかっていう生活ができないので、

本当につらい。

 

これがまさしく底辺なのかなぁ。って。

New XPS 13インチ ハイエンドモデルがやってきた!!(アンバサダー初日)

はい。皆様こんばんわ。

相原一希です。

 

ついにやってきました!

デルアンバサダー2回目!

 

またしても、当選しちゃったのです。

 

DELL New XPS13 プラチナハイエンド ローズゴールド!!

 

スペックの程はと言いますと。

 

CPU:Intel Core i7 8550U 2.0GHz TB:4.0GHz

RAM:DDR3-2133 16GB

SSD:TOSHIBA 512GB NVMe SSD

VGA:3840×2160フレームレスタッチディスプレイ

 

またしても4Kディスプレイが13インチに乗ってる。

すごい子がやってきました。

 

 

ディスプレイもきれいで、重さは1.2キロ

 

 

さっそく、Windowsアップデートしたり、なんだりしてますが。

夏場ということもあり、電源つないで稼働させると、ほぼ常時ファンが回ってます。

 

ちょっと気になるかなー。ってレベルじゃなくって超うるさいの!

 

これはクリエイターは嫌いになるかもしれない。

前回のXPS13インチもプラチナハイエンドはCore i7 7560Uだったので、スペックも熱効率も上がってるはずなんだけど、

やっぱり、CPU稼働率が跳ね上がる作業をさせると、ものすごくうるさい。

 

しかし、開始早々スペックの違いを見せつけてくれました。

 

なんたって、これですよ。

 

 

4コア8スレッドになってるんですよー!!

 

前回のCore i7 7560Uは2コア4スレッド。

 

今回はその倍。

4コアになっちゃってるんです。

でもその分、動作クロックは下がってるんです。

 

まあターボブーストで4GHzまで跳ね上がったら別に大した問題じゃないんだけども。

正直、クロック数落として動かしてても、性能の良さを発揮しまくってくれてるので、

これはこれで、進化してるのです。

 

今日から、約1か月僕の相棒としてしっかり働いてもらうとします。

これから1か月DELL XPSだらけの記事になりますが、ご容赦くださいませ。

 

XPS13ハイエンドモデルを試す(最終日)

はい。皆さまこんばんわ。

相原一希です。

 

本日がXPSを借りて約1ヶ月ということで、返却日です。

 

正直ここまで相棒になってくれるとは思っていなかったです。

 

どうせ、デルでしょ?ってのが先入観でしたが、見事にぶち破られました。

本当にいい物作りをしていると思います。

 

もちろん、プラチナハイエンドと名乗るだけのことはありました。

 

立ち上がりが機敏で、携帯性も抜群によくて、

性能も良くてバッテリーの持ちも最高に良かった。

 

こんなマシンが埋もれてて良いのかよ!ってのが正直な感想で、

ぶっちゃけ返したくないくらい馴染んでくれました。

 

もちろん、一般の人的には、オフィスが動けばいいから、Inspironで十分なんて声もゼロじゃないと思うんですが、

XPSはゲーマー以外のすべての人を満足させる素質を十分に秘めている。

 

確信しました。

 

そして、MacOSの方が軽くて安定している時代も終わり、

デザインだけで選ぶような時代になってはいますが、

根幹の物作りをしっかりやってれば、それらを凌駕するポテンシャルに誰もが振り向くはず。

 

こういう物作りを、ただの技術の安売りじゃなく、

良いと思ったら買ってくれ。

 

そういうスタンスで貫いてほしいとそう感じました。

 

アンチデルアンバサダーでしたけど、

今回のXPSとの出会いで、良いものをしっかりと提案して社内でも採用してもらえるように、デルアンバサダーとして、プライベートでも、オンラインでもやっていこうと思います。

 

XPS13インチハイエンドモデルを試す(あと15日)

こんばんは。相原一希です。

 

アンバサダー生活終了まであと15日です!

さて、4Kディスプレイの綺麗な表示に圧倒されつつも、

ふと思うことがあってですね。

 

カスタムスケーリングです。

 

このカスタムスケーリングを125%とか150%にすると、

Windows のUI自体が拡大で表示されるので、4Kディスプレイでも、文字やボタンが拡大されるという代物。

 

でも、これ使うの個人的に嫌いなんです。

だって、4K解像度で、UI拡大しちゃったら、仮に150%だったとしたら、3分の1の解像度でいいじゃんってなっちゃうじゃないですか?

 

なんのために4K積んでるのか分からない。

しかもカスタムスケーリングの数字を上げると、ボタンや、コンテクストメニューがブサイク。

指でタッチはしやすいけれども、4Kの意味って。。。

 

ていうことになってしまうので、

基本的に4Kでも、カスタムスケーリングは100%派な私は、

おそらく少数派だと思われる。

 

だって家に届いた段階で、カスタムスケーリング150%に設定されてたので、

おそらく一般的な使い方としてはカスタムスケーリングでUI拡大するのが正なんだろうな。

 

でもカスタムスケーリングで調整して使わなきゃならないようなディスプレイだったら、

はじめからフルHDでいいじゃないってのが僕の持論。

 

スケール等倍だったら、字が小さくて・・・。っていう人が多分大半な気がするので、

4Kは13インチに搭載するのはまだ早い気がする。

 

Retinaディスプレイを意識しすぎたあまり、4Kになっちゃったってのが本音ベースかも。

MicrosoftのSufaceの販売の人もそんなこと言ってたし。

 

確かに綺麗なのは認める。

でも4K解像度にするよりは、フルHDでdpiを上げるほうが絶対確実に使いやすいPCになれる気がする。

 

ちなみに、Macbook ProのRetinaディスプレイは通常使用だと最大解像度にする必要は余り感じない。

DAWとかでプラグインをゴリゴリ立ち上げるひとは別だけど、

正直一部のごく限られたユーザ向けの技術であると思うので、

それを一般品に投入して、価格上げてしまうくらいなら、

 

今回の廉価版iPadみたいな割り切りが必要な気がする。

 

あ、ちなみに、AppleのiPhone 8/8PlusでProduct Redが来ますね!

あの発表を見ながら、iPhone Xは無いんかーい!ってなった。

 

まあこれも割り切りの世界だろうけどね。

 

しかしまあ、やっぱりProduct REDの色は深くていい。

ただ個人的にやってほしいのは、マツダの赤をジェットブラックの塗装風味で実現してほしい。

 

絶対買う!

これがiPhone 7だったとしても、マツダのロードスターやデミオの赤をiPhoneで再現してくれたら絶対買う。

 

仮に20万だったとしても買うかも。

 

それくらいマツダの赤にお熱な相原でした。

すみませんちょっと話が逸れました。

 

あと15日ですが、存分に使い切ってお返ししようと思います。

XPS13インチハイエンドモデルを試す(あと16日)

今日はヤマダ電機LABI千里中央へやってきました。

 

というのもですね。

いろいろ家電が必要になりそうなので、とりあえず下見に。

 

冷蔵庫、電子レンジくらいは最低限必要かなって感じ。

まあ事務所に置くにはそれくらいでいいだろうという見込み。

 

あとは、事務用のパソコンと営業用のパソコンを選ばないとあかんので、それも下見。

 

いろいろと立ち上げって大変やなぁと改めて。

事務所の費用はかなり抑えられそうなんだけど、当面の運営資金はプールしておかないといけないし・・・。

 

けど、ここでいろいろと会社設立っていうシーンが目の前に来ると、やっと夢が叶う!っていう嬉しさ反面、

これからどうしようっていう恐怖があったり、うまくいくようにどうすればいいだろうか。っていういろいろ考えが頭をよぎって、楽しいやら、怖いやら。

 

でも会社員には向いてない気質なので、こういうスタイルで仕事ができることが本当にありがたいと思う。

 

デルアンバサダープログラムに参加して、まさかXPS13インチをお借りすることができて、

いろいろと発見がある中で、カフェでブログが書けるとか、本当に楽しい。

ヤマダ電機LABI千里中央のカフェで執筆中の写真です(笑

 

そんな機会を与えて頂いた、デル様には感謝です。

あと16日となりましたが、全力でアンバサダーとして活動して行きます!!

 

もはや宣伝しかしていないけど、いいのです。

 

営業陣にもってもらうにはちょうどいい感じのXPSさんなので、

もしかしたら、再び出会うこともあると思いますねこの子は。

 

DELL XPS13インチ ハイエンドモデルを試す。(あと19日)

今日は、商談の場がありましたので、即座にiPad ProとXPSを持って会議室へ。

 

そんなシーンでもさっと持ち出して使えること、終始つけっぱなしでも2時間程度のアイドリングくらいでは1%たりともバッテリは減りませんでした。

 

素晴らしい。

 

明日も商談があるので持っていきますが、

最近私物化してきているので、やっぱりiPad以上に使い勝手のいいモノなんだなと改めて感じます。

 

 

iPad でNetflixを見ながらブログ書くこの絵。

 

ちなみにベッドの上です(笑

 

こんな生活やってみてぇ!ってずっと思ってたんですが、XPSあるとかなっちゃいますね。

それでいて、DTMツールも動いちゃうスペックなので、これはもうMacbookちゃんは引退かも知れない。

 

Cubaseが動いてそこそこのスペック持っているワークステーションがあればそれでいいので、

Macbookを卒業してLogic Pro Xからも卒業できるスキルを身に着けないと!!

 

 

XPS13インチハイエンドモデルを試す(10日目)

ご無沙汰しています。相原一希です。

 

今日で10日目。

仕事でも普通に活躍してくれていて、デスクトップの業務用PCを使っていないというオチ。

 

だって、フリーズするんだもの。

 

そんな状態なので、資料作成にはがっつり、XPSを使っています。

使っていて思ったのはバッテリーの持ちが異常に良い事。

 

普通に8時間資料作るのに電源レスで使っていても、持ちました。

 

おそらく電源レスでも1日くらいは過ごせるんじゃないかと思います。

あとは充電器がスマートなのですごく持ち運びしやすいです。

 

Macbook Proのボテッとした充電器を見るとすごくスマートに見えます。

 

そう言う部分もひっくるめて、総合的な出来はすごくいいパソコンに仕上がってるなぁと思います。

 

あとはミドルクラスのPCをどのくらいこの水準に近づけられるか。

これがキーポイントになりそうな気がします。

 

おそらくXPSのシリーズならSSDがどのモデルにも付いているので、

スピード面を気にすることはおそらく無いんじゃないかと思います。

 

あとは、モデルをゲーミングモデルのように、ビジネスシーンとがっつりクリエイター仕様の2択で切り分けた方がいいと思う。

 

というのも、PC買う人って、安いモデルでいいや、ってなる人が多いと思うんですが、

買ってからそう言う人って後悔するパターンがデフォルトのような気がするんです。

 

なので、色々スペックをカスタマイズ出来るのもいいとは思いますが、

XPSについてはあえて削る。

 

選んだとしても3つくらいの選択肢で差別化する方がいいと思います。

 

以下相原一希の妄想マーケティング(笑)

実在しないので要注意!(爆

 

XPS13 ビジネスエントリーモデル

Intel Core i5 7200U

8GB RAM

256GBSSD

Office Premium

 

XPS13 ビジネスハイエンド

Intel Core i7 7560U

16GB RAM

512GB SSD

Office Premium

 

XPS13 ゲーミングクリエイターモデル

Core i7 7700HQ

16GB RAM

512SSD

GeForce GTX1070

Office Premium

 

こんな感じにしてしまったほうが絶対DELLとしても他のモデル(Inspironとか)と差別化できて絶対いいと思うんですよ。

Inspironゲーミングモデルではゲーミング性能を推してますが、Inspironは全体的に、仕上がりが雑。

 

Core i3を1TB HDDをノートPCに突っ込んで一体何を狙っているのかと思ってしまう。

だったら、Core i3に128GB SSDで体感速度くらい上げてくれよ。って思っちゃう。

 

ハードディスクの読み書きの遅さが際立ってしまう。

Core i3モデルだと余計にそれが足を引っ張って全体的に安かろう悪かろうになってしまってるので、残念。

 

Office だけだったら4GBのRAMで十分とか思ってる人多いと思うけど、

Office以外にバックグラウンドでソフト動いてるんで4GBでいいっていう時代は終わりました。

 

InspironにSSD積んでくれるなら4GBRAMでもいいかも知れないけど、

HDDなら絶対に最低8GBは必要。

 

以下にハードディスクからの読み書きの時間を減らせるかで体感速度めちゃくちゃ変わるから!

 

なので、Inspironは(ローエンド~ミドルロー)

XPSは(ミドルハイ~ハイエンド)

棲み分けをきっちりとしないと、デルのPCすぐ壊れるし遅いし、嫌い。

この負のスパイラルに陥ってるユーザーめっちゃいると思います。

 

僕も正直DELL=すぐ壊れるし、遅い。

 

こういうイメージで育ってきてますけど、XPSを使うようになってから、

なんだちゃんとものづくりできんじゃん!って感覚になりました。

 

デルのイメージがかなり良くなった。

でもこれはハイエンドだからの話。

 

これがビジネスユースだったら・・・。

間違いなく稟議降りないよね。

 

だったら、稟議が下りる価格帯でどうやって勝負するのか。

SurfaceやMacbook Proに吸われたユーザをどうやって巻き取るか。

 

ここを考えないと絶対にブランドイメージは良くならない。

 

先入観をぶち破るくらいの勢いである程度の割り切りは必要な気がする。

 

あとは手間がかかってコストがかかるなら、カスタマイズできる領域はある程度減らしたほうがいいと思う。

 

RAMとか最近スロットに刺す時代じゃなくなったので、はじめからある程度のRAMを搭載して増設を考えなくてもいいようにしておけばあとは、CPUを強化するのか、ストレージを増やすかっていうところくらいが弄れれば十分。

 

Core i3でも十分な性能が引き出せるなら、ストレージとRAMは最低限だけではなくて、必要十分はじめから積んでおく。

 

これが一番DELLとして成功する道だと僕は信じてます。

 

 

いろいろ書いたけど、やっぱりXPSで寝っ転がりながらブログかけるとかサイコー!

XPS13インチハイエンドを試す(6日目)

はい。皆さまこんばんは。相原一希です。

 

今日は私オフでございました。

そして、一日中XPSをカバンに忍ばせて、カフェや車のディーラーへ行ってきました。

 

途中ドトールコーヒーでコーヒーを飲みながら、資料作成。

あー。写真取るの忘れた。

 

とりあえず、ミルクレープを食べながら、優雅な時間を過ごしました。

さて、実はなんでディーラーなんかに行ってきたかというとですね。

 

実は相原。起業しようと思ってるんです。

なのでコソコソと会社員のフリをしながら起業家として動いている。

いわば仮面社員なのです。

 

そんなわけで、こっそりと法務局へ出向いたり、登記に必要なものをちょっとずつ準備している段階です。

税理士の先生にもいろいろ相談に行ったりなどなど。

 

もういろいろと会社員しながらやってます。

そんな感じなので、そのうち独立しますので、一緒にビジネスやろう!って人にはこっそりお声掛けしてるんです。

まあ、人様の人生に踏み込んで行く事案であるので、よく考えてね。って言ってるけど。

だって、給与払わなけりゃならないんだからさ、それ相応の実績ができてからのほうがいいに決まってるし、

給料なくても相原についていきます!みたいなのも重荷だからやめてって思っちゃうので、

片手間でいいから手伝ってー!みたいなノリです。

 

だから、創業は僕一人でいいのです。

 

ちょっと話が逸れましたね。

 

今日もXPSでブログ執筆。快適すぎる。

 

今日は出先で資料作成依頼が来たのでXPSを起動してサクッと出来ちゃうこの快感。すごいです。

XPS13インチで、4Kディスプレイなので、資料作成のときに並べて表示させるときすごく楽。

 

あと仮想ディスプレイもWindows 10で実装されているので、

その辺りを活用するともうMacbookが霞んできたぜ。ちくしょー。

 

これが狙いだったのかな?って思うよ。

デルアンバサダープログラム。

 

マーケティング手法としては最高かもしれない。

実際に使ってみ?っていう自信の現れなのかも知れないですね。

 

会社のPC全部これにしてくれないかなぁ。(絶対無理

 

6万とかのデスクトップで仕事なんて生産性悪すぎる。

最低でもデスクならオフィス込みで20万くらいにしてほしい。

 

特に長く使うものだったら、それくらいのコストかけて然るべきだと思う。

 

僕が会社立ててある程度PCの台数が必要になったら、確実にこれくらいの投資はする。

だって、生産性悪いじゃん。

 

フリーズしたのでちょっと待ってください・・・。とか取引先で言ってみ?

どんなPC使って仕事してるんだよって思われるでしょ。

 

でも、かといって仕事でMacは使うべきじゃないとは思う。

特にオフィスソフトでやり取りする場合。

 

Mac版のオフィスってちょっと癖があって、完全に互換が取れてるようで実は取れてないという。

 

Mac使っている人からプレゼン資料とか受け取ると大体デザイン崩れてたり、

フォントがバグってたりすることがあるので、基本的にMac使ってる人はエクセル使えますか?とかって聞いてるけど、

使えるよ。そりゃ。でもね・・・。

 

完全互換じゃないからね!

 

って突っ込みたくなる。電気屋とか行くとよく聞くやりとりMacを前にして、

 

「これってエクセル使えますか?」

 

Office使いたいんだったらWindows使ってろよ。って思っちゃう。

正直、Mac版オフィスを別で買うくらいなら、Surfaceとか買ったほうが絶対に安上がりだよ?って思うけど、

日本人ってMac好きだよね。

 

なんかドヤ顔でスターバックスでMacBook使ってる人いるけど、

ああいうの見ると、ルイヴィトンの財布と同じくらい、ブランド力落ちたなって思う時がある。

 

 

ちなみに、僕がMacを使っている理由は、ただDTMソフトのLogic Pro Xの使い勝手がすごくいいこと。

ただこれだけ。

 

Cubaseに慣れきってたら、絶対にWindows使ってますね。

 

なんか記事的にMacbookをディスってるけど、MacBookでヘビーな処理は無理。

いくらCore i7でメモリが16GBあろうが、システムがオーバーロードですって警告が出まくる。

 

特に20トラックくらいを同時に鳴らしたりしてると、大抵オーバーロードで止まる。

Windowsで例えると、ハングアップ状態になること。

 

WindowsでCore i7でメモリ16GBあって、DTMツールなんてまずフリーズしないですよ。

実際このXPS13インチにも開発終了しちゃったけど、SONAR Pratinumインストールして、VSTiをたくさん立ち上げても、

フリーズはしません。せいぜいメモリ使用量が10GBくらいに膨れ上がるくらいで、快適です。

 

オンボードサウンドチップで、ASIO4ALLで擬似ASIO使ってますけど、正直貰えるなら、絶対XPSでDTMやりたい。

Macbook Pro売っちゃってXPSに乗り換えてもいいくらい。

 

でも今使いこなせるソフトウェアが、SONARとLogic Pro Xしかないので、

Macは売れないですけど、Cubaseが使いこなせるようになったら、

この子かSurface Book2の2択で考えるかも。

 

それくらいすごい子を貸して頂いてるデル様には感謝です。

あとは職場のパソコンのVostroをなんとかしてくださいっていうくらい(笑

DELL XPS13インチを試す(5日目)

はい。皆さんこんばんは。

相原一希です。

 

デルアンバサダープログラム参加して今日で5日目。

今日は、珍しくバイクで出社しました。

 

というのも、最近単距離ばかりの運転で燃費がすっごく悪かったので、

職場まで約20キロの距離をバイクで通勤。

 

でも30分もあれば到着してしまったので、

普段電車で通ってるあの時間は一体・・・。

 

と思いながらの通勤でした。

 

さて、そんなわけで今日も職場に持ち込んでの作業です。

せっかくハイエンドなので、Office 365の最新版をひとまずインストールしてみました。

4K なのでブックを開いたらここまで表示できるんだぜ!(PCは借り物だけどね!

 

これが思いのほか快適でびっくりです。

普段仕事で、使ってるVostro 3627で3分くらいかかるExcelのマクロの処理が30秒足らずで終了。

マクロ組んでるめっちゃ重たいデータシートなんですけど、Core i7 7560Uのプロセッサにかかってしまえばなんてことない作業なんですね。

 

久しくCore i7のMacbook Proを使ってきましたが、

正直今回のXPS13インチについてはマジでびっくりしてます。

 

確かにWindowsっていうアドバンテージも大きいですけど、

それ以上にMacbook ProくらいのスペックのPCじゃないとこなせなかった音楽の制作作業とかが、すこぶる楽。

 

動画の編集とかはFinalCut Proで書き出してファンがウワァァァンって回り始めてやっと本気出すぜ!

みたいなのがMacbook Pro Core i7モデルなんですけど、

XPS13 プラチナハイエンドは、処理が始まった瞬間から本気モード全開で同じ動画をエンコードするのに、

Macbook Proの半分くらいの時間で終わりました。

 

確かに世代の違う Core i7なので比べるのもどうかと思いますが、

それくらいにスペックの違いを見せてくれました。

 

それと何よりも僕が驚いたのはバッテリの持ち時間。

と画面の明るさ。

 

通常使用の時は輝度を50%に設定して使ってるんですが、それでも十分すぎるくらい明るいので、満足。

そして、動画の書き出しを電源ケーブルを外してCPU使用率100%で張り付くくらいの処理をさせ続けても

結局バッテリ6時間くらいは余裕で持ちました。

 

途中で動画切り替えてみたりとかしたので、若干ロスタイムはありますが・・・。

 

ただ、バッテリの持ちはMacbook Proの軽く3,4倍はいいと思います。

質感もMacbook Proよりは全然いい感じです。

 

Macbook Proはお世辞にも軽いとは言えませんし、

現行モデルなので、厚みがどの部位も均一でかつ、リンゴマークが傷がついた日にはorzってなっちゃうくらいの代物なので、

持ち運んで使うのは気が引ける。

 

正直なところ、Macbook Airあたりが辛うじて持ち運んで傷ついても、

ま、いいか。で済ませられるレベルだったので、現行のMacちゃんは家にずっと置きっぱなし。

持ち運ぶにしても入れるカバンがない。

 

となると必然的にMacbook Proは置いて使うものになってしまうんですね。

Crystal Mark 2004R7でこのスコア。

正直グラフィックは解像度が4Kなのとオンボードなのでゲーミング用途ではありませんが、

CPU、メモリ、SSDのスコアは目を見張るものがあります。

 

おそらくデスクトップだとCore i3 7100とタイマン張れるんじゃないかと思います。

同じ2コア4スレッドのCPUとしてでも定電圧なのでワットパフォーマンスは圧倒的に勝ちますが。

 

同じ値段というかそれ以上のMacbook Proが果たして必要なのか疑問に思えてしまうこの感じ。

20万出してMacbook Pro Core i7買うくらいだったら、絶対こっちのほうがいい。

 

TouchBarとかそういうギミックが好きな人はMacかもしれませんが、

僕は、正直言うと、同じ値段出すなら絶対XPS買います。

 

手元に来るまでは、所詮DELLでしょ?って思ってましたが、

その常識は見事の覆されました。

 

Macbookで同じ構成にすると27万でした。

Office 込みにしたら30万。

 

改めて見ると高い。さすがMacさん。

 

もうMacbook Proなんていらないって思うくらいに快適です。

タッチパッドもMacbookと同じように使えて、512GBのSSDに16GBのRAM積んでるので、

なんでもできます。

 

僕はまあまあベビーユーザですが、そんな僕ですら性能を持て余してます。

 

明日はオフなので、持ち運んでどこか出かけようかな。

すごく便利なので、出先で使える。

 

これMacbook Proじゃできない芸当。

 

楽しみー!!

DELL XPS13 を試す。(4日目)

はい。皆様こんばんは。

相原一希です。

デルアンバサダープログラム参加して4日が経ちました。
もう結構私物化してるんですけど、1.2キロの重さは全然気になりません。

iPad Pro 12.9ほしいとかほざいてた自分を殴ってやりたいくらいにXPS13インチできる子です。

この2、3日職場に持ち込んで作業に使えるか!ということで、
実際に使ってみたところですね。

職場のデスクトップのVostroより快適すぎて、もう職場のPC要らね。ってなってます。

比較対象がVostro 3627のCore i3 6100モデルなので比べるのも酷な話ですけど、
正直言ってデスクトップで電圧ゴリゴリに使えるPCよりも省電力なのに、
体感スピードの差を圧倒的に感じます。

SSDとHDDの違いこそあれど、同じ2コア4スレッドのCPUです。
そして、XPS13に至っては7560Uという省電力CPUですが、
Vostroがクソに思えてしまうくらいにできる子です。

ただ、最近のPCにありがちな、Fnキーを押さないとF10とかが機能しないという点。

これが唯一のマイナスポイント。

いや、確かにね、明るさとか音量とかワンタッチで変えたい。
それはすごくわかる。

特にMacbook Proのタッチバー見るとそりゃそっちに偏るのはわかるけどさ。

プラチナハイエンドをうたって、Android Studioとかがサクサク動いてくれるこのXPS13インチを求める人はおそらくプログラマーとかエンジニアが絶対多いはず。

なので、大文字、小文字を返還する頻度のほうが圧倒的に多いはず。
プログラム書いたりしてると、日本語と英語を交互に切り替えて使うときに絶対F10とかで半角に変換すると
思うんです。

だから敢えて言おう。
Fnキーを押したときに音量、明るさ、音楽の再生・停止ができるように変えるべき。

なんか、宣伝してるのか、ディスってるのか分からないけど、
でも正直に感想書いてねって言われてるので、正直に書きます。

プラチナハイエンドというよりも、クリエイター・プログラマーモデルみたいなネーミングで売ったら絶対売れる。

Fnキーを押したときに拡張機能ボタンが動作するようにしたら、絶対いいと思うの。
特に、Photoshopとか使う人なら絶対わかってくれると思うんだけど、

例えば、レイヤーウィンドウ出すのにF7キーをワンタッチで出せるのと、Fnキー+F7キーを押して表示させるのどっちが楽?っていえば絶対前者だと思うんです。

なので、このXPSをヘビーな作業でゴリゴリ使うぜ!っていう人はFnキー使わないとレイヤー窓出ねえとか使いづらっ。って感じると思います。

あ、ちなみにAndroid Studioで実際にエミュレータ動かしてみましたが、
メモリも余裕で、エミュレーターのくせにサクサク動いて、正直スマホよりサクサク動くんじゃないかと思うレベルでした。

もし余裕があれば、動画とってアップしてみます。
とりあえず、すごく快適なノートPCライフを過ごしています。

これ貰えるんだったらもう一生DELL使います!ってなってしまうレベル。
でもね、ハイエンドノートだからそう感じるわけであって、一般普及品レベルのスペックのPCでこれを感じられるかといえば正直微妙なんですよね。

特にうちの会社みたいに業務PC程度ならCore i3が乗ってりゃ十分だ!っていうなんかCore i3に無限の可能性を感じている変なおっさんがPCの選定してるような会社でこのノートの価格の稟議が果たして通るのかといえば絶対にNOだと思います。

なので、ハイエンドの良さはもちろんハイエンドならでは。
それを一般普及品レベルでどこまでローエンド~ミドルクラスのPCの中で近づけていけるか。
これが一番重要な製品づくりというのものではないでしょうか。

別にDELLをディスってるわけじゃないんですよ。
これはどの会社の製品にも言えることで、
安けりゃいい。そういう価値観も大事だけど、ハイエンドには手が出せないけど、
ハイエンドみたいに使えるローエンド~ミドルクラスのPCを実現できたら素敵だろうなって思います。

特に最近価格やすいくせに、そこそこのスペックあるやんって思ったのはこれ。

Core i5 8世代に8GB RAM積んでるこのideapad。

うちの会社でも稟議通してやろうと思ったけど、うちの変なおっさんたちが、
Core i3 4GBのRAMで十分!って言って稟議が見事にNG食らいました。

もうね。業務用で使えるノートでSSD積んでるなら別だけど、ハードディスクでCore i3。
でRAMが4GBとか正直何もできないから!

Webベースでブラウザが動けば仕事できるから~みたいな夢のようなシステムがある会社は別ですけど、
うちみたいなExcelで何もかも片付けるような会社の業務が大半の中で、
Core i3 x 4GB RAM x HDDは使い物にならない。

デスクトップですらまともに動かなくなるレベルなので、
その辺をSSDを使ってうまく実現してくれたらすごく売れると思うんだな。

特にDELLなんてサーバまで作ってる会社なんだから、
もうちょっと市場調査、マーケティングをしっかりやって現場で使ってるPCにどんな不満があるのか、
どういうPCが望まれるのか、しっかり調査してこの日本の超アナログな会社の情報システム課(笑)をなんとかしてほしい。マジで。

っと長々と書いたけど、一回もフリーズせずブログが書けるなんてipad以外では最近体感してないので、
やっぱりXPS13はいい子です。

記事もバリバリ書きますので、
皆さんもこれを機にDELLのハイエンドを買ってみてはいかがでしょうか?